スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    阿波国一宮 『大麻比古神社』に詣ってきました。

    徳島県は徳島市の郊外にある板野町、ここは妻の亡くなった両親が眠るところ。
    念願叶い、やっとその墓を大阪に移設することになり、供養するため行ってきました。
    そして時間に若干の余裕がありましたので、有名なこの神社にお参りできました。

    それはその隣町、鳴門市の山際にあるのが『大麻比古神社(おおあさひこ)』です。
    一宮(いちのみや)とは、その地域の中で最も社格の高いとされる神社のことなんですね。

    大阪から車で明石大橋を渡り、走る事2時間半の距離。
    赤い大鳥居が見えた頃、頭を左に降れば山際に風景にはそぐわない建物が・・・
    resize0088.jpg 

     あとで調べるとドイツ館ということらしい。
    第一次大戦時板東俘虜収容所に収容されていたドイツ兵士約一千人と地元の人たちの交流を記念して建てられた建築物。このドイツ兵は第一次大戦時、中国青島で俘虜になった約5千人のうちの約1千人です。1917年4月から約2年10ヶ月をこの地で過ごしました。
     松江豊寿所長の人道的管理は、戦時下の日本の人を人として尊重する心を表しているという事で、この板東俘虜収容所は『バルトの楽園』(2006年上映)で映画化されました。さらに、年末の国民的イベントの合唱曲、ベートーヴェン「第九」交響曲は1918年6月1日、ここ板東において日本で始めて全楽章演奏されたとの事でした。

    さて、『大麻比古神社』です。
    resize0090.jpg 



    なんと川岸にニホンザルがうろついていました。
    カメラを向けると少し緊張したような恐がっているような動作。なるほど、野生のサル。境内でもうろついておりましたな。
    resize0094.jpgresize0091.jpg




    resize0096.jpg 
    拝殿

    resize0095.jpg 
    祭神:大麻比古大神 猿田彦大神
    社格など:式内社(名神大社)、国幣中社
    由緒:神武天皇の御代、天太玉命の御孫である天富命に勅命を奉じて肥沃の土地を求め阿波国に至りまして、麻楮の種を播殖し、麻布木綿を製して殖産興業の基を開き国利民福を進め給ひ、その守護神として、太祖天太玉命をこの地に斎き祀る。猿田彦大神は、昔、大麻山の峯に鎮まり坐しが後世に至り本社に合わせ祀ると伝えられる。

    resize0097.jpg 
    境内にある大楠の木

    resize0092.jpgresize0093.jpg
    寄進された狛犬像。よく見ると、足元でタバコの煙をモクモクと吹く人間の姿が。これは麻の神社から考えれば大麻(麻薬のタイマ)かも知れない。

    resize0098.jpg 
    帰り際に遭遇した新車への交通安全の祈祷。地元の方々に敬愛を受けている神社である事が窺われます。


    さて、この大麻神社の祭神は二人の名前が挙がっていますが、実は、いろいろな説があります。

     大麻比古神こと天太玉命は『古事記』では布刀玉命のこと。天照大神が天の石屋戸に隠れた祭の神事で、中臣氏の祖である天児屋命(あめのこやねのみこと)や天宇受売命(あめのうずめのみこと)、天手力男命(あめのてじからおのみこと)などと共に活躍した神です。そして忌部(いんべ)の祖神でもあります。
     一方、猿田彦命は天孫降臨の際、邇邇芸命(ににぎのみこと)を出迎え道案内した国つ神。この時天つ神の天宇受売命と出会い結婚した。鎮魂の儀に楽舞を奉仕するなど宮廷の祭祀に仕えた神なのです。また天照大神を伊勢まで引導したとする伝承もあるのです。

     阿波では忌部氏は歴史上重要な集団でして、この祖神が大麻神社におられるとなると、大変重要な神社となるわけです。由緒でもこちらの神を中心に据えているようです。しかし、他説では猿田彦命が最初からの祭神であったのに、忌部の神を後に勧請し大麻宮とした、つまり、祭神を猿田彦命としながらその神の本姓をすり替えたのではないかと。
    時の権力者?があくまで忌部の祖としたいらしい。

    こうなると、神社の看板にある由緒の信頼性はいったいどうなの!って考えてしまうのですね。話は飛躍してしまいますが、今ある全国の立派な神社、たとえば〇〇大社といった神社の素性も本当はどうなんですかね?


    テーマ : 神社仏閣
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コメントの投稿

    非公開コメント

    神社の祭神

    こんばんは。

    神社の祭神について、話題に挙がっていましたが、これは深いですね。
    例えば近江の古い神社は、概ね二つの成り立ちに分類されます。一つは自然信仰からの派生であり、一つは祖先信仰からの発展です。
    いずれも著名な神名ではない場合も多いのですが、現在は著名な別の神が祭神となっている例も少なくありません。
    後世の有力氏族入植や、荘園制度などが、主な原因と考えられます。
    しかし近江という土地は、比較的元の祭神が残っている(主祭神は入れ替わっている例含む)と思われます。理由は、地場派生の氏族系統が、長く在地領主として残った事が挙げられます。
    これが他地域では、他の土地から来た有力氏族により、祭神の置き換えや遷座が、徹底して行われたのではないでしょうか。
    大麻比古神社の忌部氏も入植側ですから、置き換えた側と考えられます。三輪氏族系統や、諏訪の建御名方など、類例だと思います。
    ところで、大麻比古神社の元々の祭神が猿田彦だとすると、非常に空想が膨らみます。

    Re: 神社の祭神

    桃源舎さん、コメントありがとうございます。

    おっしゃってますように、長い歴史の中で時の体制や権力者に翻弄された神社も多いと思われます。

    『大麻比古神社』の主祭神は大麻比古神は天太玉命です。中央忌部氏の祖であり、「天つ神」ですね。阿波忌部の祖は天日鷲命であり、彼も「天つ神」。そして、この二神に繋がりが有りや無しや。阿波忌部の位置も面白い議論となります。

    それにしても猿田彦命は大国主命側の「国つ神」。定説では出雲の神ではありますが、鳴門のこの地に猿田彦命が鎮座してたのに、中央の「天つ神」に押しのけられた。ますます、阿波古事記の天孫降臨が重要性を増してくるのでは?
    なるほど、想像が膨らんできます(^O^)

    はじめまして!

    はじめまして!私は一之宮巡礼を趣味としています。
    どうぞ宜しくお願いします!

    Re: はじめまして!

    しゃけさん、こんにちわ。

    ブログ、拝見しました。巡礼完全制覇されたとか。こちらこそよろしくお願いします。

    私もお寺より神社が好きな方ですが、あまり拘りはありません。
    強いて言えば、古事記に登場する八百万の神をお祀りする神社でしょうか。
    このブログではいろんなジャンルを扱っていますので、お気軽に。
    月齢
    目次

    openclose

    プロフィール

    香川秀夫

    Author:香川秀夫
    【年齢】 ウーン、若いつもり・・・
    【性別】 男
    【誕生日】 桜咲く頃
    【趣味・興味】
    テナーサックスを少々、最近はアルトも。
     『長屋ほーんず』に所属
      (サックスだけのビッグバンド)
    音楽(ジャズ・スウィング系)
    古代史(とくに古事記以前)
    読書・映画鑑賞(アクション・SF)
    写真(風景、神社etc)
    天文・ウォーキング
    【嗜好品】
    酒(バーボン・芋焼酎)・珈琲
    パイプスモーキング、
      しかし今や禁煙歴6年
    【Twitter】
    一般日常: @munapipe
    動物関連: @munavet
    古代関連: @munauetufumi

    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    最近のコメント
    データ取得中...
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    リンク
    カウンター
    通知
    track feed リンク通知(トラックフィード)
    私の本棚
    TripAdvisor(旅の口コミ&ランキング)
    お勧めブログに掲載されました(右下)
    山口 旅行情報
    山口 旅行情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。