スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【ジャック】今日の1枚 『何処で寝てるのでしょうか?』

    久しぶりの登場です。
    良きも悪しきもいろんな出来事で始まった2012年、頑張って参りましょう。

    さて、ジャックは相変わらずマイペースですよ。
    この写真、ジャックのベッドの一つですね。さて何処に?
    わかりますかな?ECGつまり心電図、その器具置き棚で昼寝ですよ。彼はどこでも寝床ですわ、はい。
    ただ、電気コードを齧られないように気を使っております、一噛み、数万円の世界ですからね。
    院内は数千万円の機械もあるしね、病院猫といえども気を抜けない!
     
    IMG_0339_convert_20120116164434.jpg 


    そして、私の膝。安心の寝床。こうなると私は身動きが全く出来ないのは言うまでも有りませんな。
    IMG_0326_convert_20120131221755.jpg 

    さらにライオンの縫いぐるみとね。無理やりですが辛抱してますわ、ハハ(^O^)
    IMG_0349_convert_20120116164536.jpg 

    お澄ましで、ツーショット。可愛い奴です \(~o~)/
    IMG_03365_convert_20120131220936.jpg


    では、また。
    スポンサーサイト

    テーマ : 愛猫との日々
    ジャンル : ペット

    【ジャック】今日の1枚 『10周年~』


    今年は始めから散々な状況と相成っております。

    と申しますのも、まず、巻爪。昨年からも時々痛んでまして、自前では治療し治まっていたのですがね。
    再発。靴が当たって歩くのがやや不自由に。

    次に、腰。朝トイレの便座から立とうとした時、急に腰から力が抜け全く立てない。妻の応援を受けようよう立つも歩けない。そして腰あたりの脊柱がピリピリ!これが噂のギックリ腰か(汗)?数日横たわる羽目になったのです。未だに腰に違和感が残っております。

    さらに風邪です。インフルエンザではないが、おそらく年末患者さんからうつされたのでしょう。潜伏期を経ての発症。しつこかった(汗)。おまけに扁桃腺炎で高熱。10日程はダウン。

    喉の痛みのためサックスはまるで吹けず。そりゃあ、そうでしょう!息を出し入れするだけじゃなく喉の形を変えなければなりませんからね。

    今年は、元旦に一度外出しただけです。もちろん、仕事は自宅から歩いて30歩ぐらいだから何とかこなしましたが、トホホですわ。

    そんなこんなでやっと体調も9割がた戻りましたよ。

    ところで今年の今月は、開院10周年なのですね。私が獣医の転職組だったから人より遅いのです。

    スタッフがケーキで祝ってくれました。

    IMG_0332_convert_20120116164305.jpg 


    どうです?ジャックがいるでしょ。少し怖い顔ですが、これ、ホワイトチョコらしい。器用だなあ。
    食べるのがもったいないですが、キツネのような尻尾だけ戴きましたよ。

    そこで、当時のジャックをご紹介しましょうか。まだ6か月齢ですね。携帯で撮った写真なので写りが悪く申し訳ありませんが我慢して下さい。

    030419_1633~01 

    sh0027.jpg 

     
    sh0025.jpg 


    若い頃から凛々しいですな。

    というわけで、
    体と相談しながらの歳、今年もボツボツ行きますか。

    テーマ : 愛猫との日々
    ジャンル : ペット

    『龍昇慶祝』 本年もよろしく御つき合い下さい 

    このブログもマイペースでゆっくり続けますので、お気軽にお越しくださいませ。

    さて、年明けからよく飲みました。酒が旨かったからねえ。
    イイ気分で酔っぱらいましてね、ついでにギックリ腰。未だ、立ち居振る舞いが仰々しい状態です。腰は体の中心ですな、実感してます。


    例年、正月には老若男女が集まりこの一年の抱負を言い合うのが我が家の伝統なのですよ。
    今年は12名が集合。自前で作ったおせち料理はこの写真。ちょっと豪華でしょ(^。^)

    _1014297_convert_20120106174135.jpg 


    そして今年の持ち寄りの酒は次の2本。思いのほか旨い!!
    まず、一本目は『秋鹿 霙もよう』

    akisikamizore11.jpg 
    rmizoremoyou.jpg
    原料米:山田錦60%精白 酒度+1 酸度2.1 アミノ酸1.2 純米吟醸・にごり生酒 アルコール17~18度  容量1800ml


    秋鹿酒造は搾りたての「活性にごり酒」です。蔵元は我が大阪と京都の県境、能勢の里ですな。出来立て新酒の活発な炭酸ガス、いまや知る人ぞ知るの人気酒になっています。
    瓶内ガス圧が高くなっていて、振らずにゆっくり開栓しないととんでもない事に。昨年開けた時は高圧でまるで火山の噴火、治まった時には残りが2/3に減ってね(涙)
    今回は経験則がいかされましたよ。セーフ!
    飲み方は最初は上澄みの透明部分を楽しみ、その後オリ部分を混ぜて戴く、一つの酒で2つの味が楽しめるのです。活発な炭酸ガスとパワー炸裂!舌の上でピチピチ跳ね上がるし、オリの旨味がさらに拍車がかかります。酸度+1とは思えない辛口!グッと引き締められた味ですな。
    一升、ペロッと空きました。

    次、2本目は幻の焼酎といわれる『明石酒造 ?ないな』

    IMG_0298_convert_20120106124011.jpg 
    IMG_0301_convert_20120106124224.jpg
    明石酒造、宮崎県、芋 米 米麹、25度 容量1800ml


    サツマイモと米、米麹を絶妙にブレンドした焼酎です。
    あのミシュランの取材を断った京都高級料亭「吉兆」でも使われており、この店での芋焼酎は「森伊蔵」と「ないな?」の二種類だけだそうです。
    ボトル、ネーミング共にユニークな芋焼酎。「ないな」とは、宮崎の方言で「なんだろう」という意味だとか。
    外見、味わいともに「なんだろう」と期待を裏切る美味さです!米麹で仕込むだけでなく、米焼酎をブレンドすることによって芋焼酎の癖や臭いはほとんど無く、米焼酎の無機質な硬さも無い。どちらかというとあっさりかな?私は焼酎と言えば紅芋の甘い焼酎が好みですが、これは飲みやすい。水割りやホットでは、香りが少々失われますが、ストレートやロックなら、ぐいぐいいけます。もっとも、今回はお湯割りで飲みましたが、それでも美味しかったなあ。集まった面々もグイグイいってましたよ。
    なんやかんやでこれも一升空きました!
    そして、上機嫌でさらにフラフラ状態でした(●^o^●)

    翌日、二日酔いも無くさっぱりした正月2日目の朝を迎えたと悦んでいたら、グギッ! 腰が抜けたように立てなくなり、その後はピリピリ!寝正月になってしまいました、ウヌ。
    今でも違和感が残り、何をするにしても腰を庇いながらの動作と相成っております。

    まあ、酒とは関係ないでしょうがね・・・

    今年もいろいろ有りそうですな。いずれにしても皆様、本年もどうかよろしくお願いいたします。


    月齢
    目次

    openclose

    プロフィール

    香川秀夫

    Author:香川秀夫
    【年齢】 ウーン、若いつもり・・・
    【性別】 男
    【誕生日】 桜咲く頃
    【趣味・興味】
    テナーサックスを少々、最近はアルトも。
     『長屋ほーんず』に所属
      (サックスだけのビッグバンド)
    音楽(ジャズ・スウィング系)
    古代史(とくに古事記以前)
    読書・映画鑑賞(アクション・SF)
    写真(風景、神社etc)
    天文・ウォーキング
    【嗜好品】
    酒(バーボン・芋焼酎)・珈琲
    パイプスモーキング、
      しかし今や禁煙歴6年
    【Twitter】
    一般日常: @munapipe
    動物関連: @munavet
    古代関連: @munauetufumi

    カレンダー
    12 | 2012/01 | 02
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最近のコメント
    データ取得中...
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    リンク
    カウンター
    通知
    track feed リンク通知(トラックフィード)
    私の本棚
    TripAdvisor(旅の口コミ&ランキング)
    お勧めブログに掲載されました(右下)
    山口 旅行情報
    山口 旅行情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。