スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    水棲生物を見て来ました(須磨海浜水族園にて)

     今朝、急に思い立って妻に、「ブログ用の写真でも撮りに行く?」「今からだと何処に行けるかな?」「マイナスイオン充満の瀑布もいいが、ちと、遠いしね。」ふと、妻が「海を見たい」と。考えあぐねた末、水繋がりで強引ではあるが、水族館へ。

    日中は残暑が厳しく、汗、汗、汗・・・
    しかし、強めの風は蒸し暑くはなく、心地よい。イイ感じ。日陰に入れば暑さも耐えうる。
    JR須磨海浜水族園前駅から徒歩10分、見えてきましたよ。子共を連れてきて以来、25年ぶりかなあ。さすがに知った姿ではないね。

    さあ、水族館。てっぺんの空はもう秋だ。なお、撮影カメラはOLYMPUS E-620。
    須磨海浜水族園と秋空 
    f/11 1/800秒 ISO:200 焦点距離:14mm 露出補正:-1.0

    秋空 
    f/11 1/800秒 ISO:200 焦点距離:18mm 露出補正:-0.3


    入場すれば、大ホール。8月の最終日、流石に訪れる人はすくないかな?正面には巨大水槽。「がんばろう!!東北」の垂幕が下がっている。今回水族館どうし助け合ったとのニュースが有ったのを思い出す。
    大ホール 
    f/4.7 1/13秒 ISO:800 焦点距離:14mm 露出補正なし

    マイワシの回遊。カメラ目線の姿が面白い。
    マイワシの回遊 
    f/4.7 1/13秒 ISO:800 焦点距離:24mm 露出補正なし

    生き物もいろいろいたが、興味持ったたのが南米産のカエルたち。皮膚から出る毒を矢に塗って狩り使われるところからヤドクガエルというらしい。
    コバルトヤドクガエル
    コバルトヤドクガエル 
    f/4.9 1/30秒 ISO:800 焦点距離:90mm 露出補正なし

    キオビドクヤガエル
    キオビヤドクガエル 
    f/5.3 1/100秒 ISO:800 焦点距離:119mm 露出補正なし

    そして、アマゾンツノガエル。毒ガエルではないがその表情がユーモラスだったのでね。
    アマゾンツイガエル 
    f/5.2 1/15秒 ISO:800 焦点距離:114mm 露出補正なし トリミング後137%拡大
    次に、可愛かったので思わず、動画を撮ってしまいました。
    最初は、ニモ

    そして、アカクラゲ。


    たまたま、イルカのショーに出くわした。彼らは大したものだ。感心した、言葉がわかるのだろう。
     たしか、イルカにはこんな伝承がある。古代シュメール人がどこからかやって来てメソポタミアが一変した。このシュメール人を指導したのが海から出てくる神と称される存在だと。実はこの神はシリウスからやってきた宇宙人で海人だ、とアフリカのドゴン族の伝承にあるそうだ。そして、この海人の末裔こそが、イルカというのだ。もちろん真実はさだかでないが、こう考えると、イルカを見る目が変わってこようと云うもの。
    イルカ1 
    f/10 1/640秒 ISO:200 焦点距離:61mm 露出補正なし

    イルカ2 
    f/9 1/640秒 ISO:200 焦点距離:114mm 露出補正なし

    そうこうして、水族園を出ると、秋空が広がったとはいえ、まだ暑い。遠くには明石大橋と淡路島が霞んで浮かぶ。先日、大阪古事記研究会で島の中にあるイザナギ神社に参ったのを思い出した。それにしても蒸し暑かった。妻は軽い熱中症か。
    明石大橋と淡路島 
    f/10 1/640秒 ISO:200 焦点距離:150mm 露出補正なし


    1時間後、家でのビールがなんと旨かったことか(笑)
    スポンサーサイト

    tag : 水族館 秋空 イルカ カエル

    名曲はいいね~♪其の5 『Summertime』 『Come Rain or Come Shine (降っても晴れても)』

     こんばんわ、今日は残暑、暑かったですね。病院内は浸水したせいで悪臭が抜けません。至る所に汚水が入りましたからね。こんな事ではいけません。病院らしく清潔感が大事です。それから、人海戦術で清掃しため腰痛はあったんですよ、しかし、昨日あたりから筋肉痛がね(汗)。やはり、体力は年寄りですかな(大汗)。
     じゃ、ジャズ・スタンダード 第5夜、始めましょうか。8月も残すところ、あと1日、こんな曲でまいりましょう。

    『Summertime』
     今から22年前の、全国のジャズ喫茶リクエストランキングでは第6位ということらしいですね。スタンダード中のスタンダード。あの頃はジャズ喫茶もまだ大分残ってました。大阪で唯一残っていたジャズ喫茶『トップ・シンバル』も亡くなった昨今、もはや、こんなランキングは歴史になってしまうのか。ジャズの人気はずっと下降線を描いていますしね。
     あのジョージ・ガーシュインがミュージカル「ポギーとベス」のために作曲(1935年)。黒人のフィーリングを曲に盛り込むことに努力したとの事。なんでも黒人霊歌の「時には母のない子のように」がヒントになったとか。原曲は子守歌だが、ジャズではアップテンポが多いんです。
     この曲はアルバム『modern art』(1956、57)からアート・ペッパーが哀愁というより悲哀・悲嘆の風情で演奏しているサマータイム、いかがでしょうか?麻薬中毒で苦しむ前の演奏でしょうかね。

    2曲目は
     『Come Rain or Come Shine (降っても晴れても)』
     これもミュージカルである。ハロルド・アレンが1946年に作った曲。歌詞は古今東西にある口説き文句で、貴方への愛の深さを語るというもの。「雨が降っても晴れても、山より高く川より深くあなたを愛す・・・」なんと、在り来たりな(苦笑)
     演奏はビル・エヴァンスの繊細なピアノですね。『PORTRAIT IN JAZZ』から。このアルバム、学生時代に私が初めて買ったもの。当時、廉価版LPで1,580円だったような。インスタントラーメンが50円の時代ですわ。丸泰のエビ玉ラーメンが好きだったなあ。あれ、ローカルだったし今は製造してないはず、懐かしい!もう一度味わいたいなあ。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    参考図書
    「ジャズの歴史物語」油井正一著(スイング・ジャーナル社 1972)
    「ジャズランド ’76 8月特大号」(海潮社 1976)
    「名演!Jazz Standards」FM東京セレクト・ジャズ・ワークショップ制作グループ&日本たばこ産業株式会社アド企画室編集(講談社 1989)
    「ジャズ批評 No.108 特集スタンダード・ナンバー」(ジャズ批評社 2001)


    テーマ : JAZZ
    ジャンル : 音楽

    玄関先に捨てられた猫たち

     動物病院の玄関先にはいろんなペットが置かれるというか、捨てられるのです。
    後ろ髪を引かれる思いで置いて行ったのかな、って想像できるものもありますが、大方は責任を放棄し命を捨てているのです。病院の前に置くことが、なにか免罪符のごとく勘違いしているのでしょう。
     かたや、野良ネコに餌だけを与えて自己満足している人がいます。動物病院はそんな人たちの尻拭い。こんな暇があれが、1匹でも多く不妊手術をして上げたいのですがね。
     『動物病院は命の捨て場』 気が弱い私は、朝が怖い。

    写真が残っている猫たちを紹介しよう。こんな事は1年で数回起きます。

    クマ子 

    クマ子、生後10日の眼が開いたばかりのオス。約1カ月保護した後、里親さんへ。

    ベティ 

    ベティちゃん、およそ3か月齢・メス、低体温の瀕死状態。全身、毛玉で鎧を着ているような。回復後、毛玉カット。約1か月後、里親さんへ。

    イっちゃん・ニイチャン・サンちゃん 

    左からニイちゃん(♂)・イっちゃん(♀)・サンちゃん(♀)、生後14日の兄弟。健康状態は良好。それぞれ里親さんには、101日目、36日目、50日目にもらわれていった。

    ジジちゃん 

    ジジちゃん、生後1カ月・オス。もう離乳していた。野良で誰かが保護し管理できず、置いて行ったのか?27日保護し里親さんへ

    テンちゃん・シンちゃん 

    左からシンちゃん(♂)・テンちゃん(♂)、生後20日ぐらいの兄弟。子供が段ボール箱で置いてったらしい。野良。36日後、2匹とも同じ里親さんに。


    サワちゃん、臍の緒が残って、昨日生まれたような赤子。冬の玄関先に捨てられていた。低体温で手足は凍傷で黒変。治療の甲斐もなく3日後死亡。

    テーマ : 動物病院
    ジャンル : ペット

    日曜日の夜、あ~明日は民主党の選挙?

     昨日の浸水騒ぎで、腰痛のついでに足の筋肉痛が出てしまいました。、少々、動くのが億劫な一日だったのです。バンド練習も、なんと1カ月ぶり。10曲、3時間の連続はつらかったなあ。吹き終わり椅子から立ち上がると体が固まってるんだよね。ヨイコラッ、ショッてなもんですわ。10年前とは大違い。
     まあ、でも一つ良かった事がありました。退院してきた愛機がさすがにイイ音を出してましたな。10万円の値打ちはあった気がしますよ。

     さて、明日は民主党の代表選挙ですね。
    エエ加減にうんざり(-_-;) この代表が総理大臣になるの?国家感を語らない首相なんて誰がやっても同じだわ。民主党に入れた私の一票、無駄な票でしたね。首相公選制か大統領制に替えてくれないか。憲法改正やろうよ。

     民主党国会議員の皆さん、とくに1年生に腹が立つ。自己保身で選挙対策ばかり。小沢氏のコシギンチャクよろしく、彼の延命に手を貸す輩。はっきり言いますが、彼と新党を作りなさいよ。民主党と袂を分かつべき。いや、小沢勢力以外が脱党してもいいかな。オーナー然とした鳩山ポッポちゃんもいるしね。書いているうちにだんだん腹立ってきたぞ。今の民主党、日本を潰します!といって自民党にも期待できないし。
     手弁当でもって国家を語り合うような政治家達が、政界再編で集まって欲しい。そしてこの国を救ってくれないものか。応援するぞい!
     それにしても、明日は民主党の選挙でテレビは五月蠅くなる、ああ、あ~ (;一_一)

    tag : 民主党 憲法改正 首相公選制

    名曲はいいね~♪其の4 『Stardust』 『It Never Entered My Mind 』

     こんばんわ。今日は大阪も70~100mmの集中豪雨でした。我が病院が、なんと浸水。血の気が引いたー!雑巾、バケツ、モップで今まで、後片づけ。腰が痛い!!幸い、機械類は大丈夫。地下鉄も浸水してましたから、都会はやはり弱い。
     嬉しい事が一つ、入院してたマークⅦが帰ってきたんです。テナーサックスですよ。ヴィンテージだからね、時間も金もかかるんですね。 
     そんなこんなで、今夜はジャズナイト第4夜といきましょうかね。スタートは

     『Stardust』
    スタンダード中のスタンダードと云われる極めつけの名曲ですね。名演が多すぎて困りますが、この方で聴いて頂きましょか。

     1927年に、ホーギー・カーマイケルが大学のキャンパスで夜空を見上げている時に、ふと口について出たのがこのメロディ。とにかく、そのメロディが最高に美しく、バースも洒落ているのですな。おっと、バースとは、本体のコーラスに入る前に置かれる序奏部分を指すんです。スタンダードナンバーではよくつけられているが、今はバースを持っている曲はほとんど見られなくなっています。
    歌手としては、「バースから入る」ということは、格式を尊重した真剣な態度とされているそうです。良い歌でその歌全体が好きになった時には、バースが付いているということには嬉しさを実感するらしいですよ。
     お聴きの曲は、ライオネル・ハンプトンの『Stardust』(1947年)。ジャム・セッションのライブ盤ですね。R.ハンプトンのヴァイブラフォンで始まり、劈頭のウィリー・スミスの美しく優雅なアルトサックス、ユーモラスなチャーリー・シェイバースなトランペット、そしてコーキン・コーランの品格あるテナーサックス・ソロと続いています。さて、出番を待ちかねたように叩き出したハンプトン、最初の4音の力強さに続き圧巻のアドリブは彼の本領を余すところなく示したプレイですわ。すごい!

     次は少し趣を変え朗々と奏でてもらいましょう。

     『It Never Entered My Mind 』


    アルバム『CHET』(1958年)チェット・ベイカーのトランペットがストレートに朗々と吹き流がしています。ピアノレスなので、彼の音が際立ってますな。この曲、「わがままばかり言ってるとあとで泣くぞ」ということしょうか。悲しくも美しいメロディですね。70年も前に出来たとは思えないほど、あか抜けているじゃないですか。
    1940年、リチャード・ロジャースの作曲です。

    今夜はこの辺で。腰にバンテリン塗って寝ますわ・・・あイタタ、よいしょっと(苦)

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    参考図書
    「ジャズの歴史物語」油井正一著(スイング・ジャーナル社 1972)
    「ジャズランド ’76 8月特大号」(海潮社 1976)
    「名演!Jazz Standards」FM東京セレクト・ジャズ・ワークショップ制作グループ&日本たばこ産業株式会社アド企画室編集(講談社 1989)
    「ジャズ批評 No.108 特集スタンダード・ナンバー」(ジャズ批評社 2001)


    テーマ : JAZZ
    ジャンル : 音楽

    月齢
    目次

    openclose

    プロフィール

    香川秀夫

    Author:香川秀夫
    【年齢】 ウーン、若いつもり・・・
    【性別】 男
    【誕生日】 桜咲く頃
    【趣味・興味】
    テナーサックスを少々、最近はアルトも。
     『長屋ほーんず』に所属
      (サックスだけのビッグバンド)
    音楽(ジャズ・スウィング系)
    古代史(とくに古事記以前)
    読書・映画鑑賞(アクション・SF)
    写真(風景、神社etc)
    天文・ウォーキング
    【嗜好品】
    酒(バーボン・芋焼酎)・珈琲
    パイプスモーキング、
      しかし今や禁煙歴6年
    【Twitter】
    一般日常: @munapipe
    動物関連: @munavet
    古代関連: @munauetufumi

    カレンダー
    07 | 2011/08 | 09
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事
    最近のコメント
    データ取得中...
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    リンク
    カウンター
    通知
    track feed リンク通知(トラックフィード)
    私の本棚
    TripAdvisor(旅の口コミ&ランキング)
    お勧めブログに掲載されました(右下)
    山口 旅行情報
    山口 旅行情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。