スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    愛しのアルトサックス

    先日、中古のアルトサックスを手に入れた事、ご報告しました。
    今日は少し詳しく述べるとしましょう。

    まず、どうしてアルトに?

    私が所属している「長屋ほーんず」はオール・サックスのバンド、以前申しましたね。
    テナーでトロンボーン・パートを10年吹いていたのですが、
    ここにきて飽きたというか、モチベーションが下がったというか。他の趣味に浮気したと申しましょうか・・・でも、サックスは続けたいとの想いも。

    そういうわけで楽器&パートを変えてみたいと思い立ったのです。

    その昔、オンボロ・アルトでスタートしましたので未だに台湾製のアルトは残ってはいます。しかし、今回はモチベーションを上げるためだからオンボロでは困る、レベル以上の楽器を手にしたいと考えた次第。

    そして、「かつての名器」をそれなりの金額にて求めることと相成ったわけです。
    狙い目は 『セルマー・スーパーアクション-80のシリーズⅠ(SELMER SA-80 seriesⅠ)』。サックスと言えばセルマーですからね。このタイプは中古とヴィンテージの中間あたりの製品となりましょうか。

    ところが、出入りの楽器店『TAO』は残念な事に、大阪から撤退し札幌へ行ってしまいました。仕方なくネットで探した店が『サウンド風雅』。5月に東京から進出してきたばかりのよう。

    電話を入れますと希望の機種は手元にないが周辺のサックスは有るとの事。

    居ても立ってもいられず、さっそく訪れましたよ。

    触り、吹き比べ、価格と折り合いをつけながらの延べ2日間、9本のサックスの中から1本を選定したのです。楽しいひと時でした~\(^o^)/

    一通り御紹介しましょう。

    1日目、

    妻と訪れたのは真新しい2階の店。喫茶店と見間違う玄関でした。階段を昇ると事務所風の壁には20,30本の中古・ヴィンテージサックスが並べられておりました。スペースはまだ余裕があって、これから充実されるのでしょう。店主はシリーズⅠを置いていないので取りあえずⅡを中心に、4本を選び出してくれました。さっそく試奏部屋へ。

    yanagisawa A-992

    yanagisawa

    国産のメーカー、ヤナギサワのブロンズ上級モデルです。
    持参したマウスピースをネックに差し込み、1発目の音を出してみました。
    ん?軽い!難なく上から下まで鳴ってくれます。が、如何せんクラシック向きの軽やかな安定した音色です。しかし好みからは遠いなあ。音が綺麗すぎる。
    このヤナギサワ、2度は吹かずとなりました。

    Selmer BA-80 series Ⅱ #71**** セルマーは創業以来、通し番号が付いているのです

    シリーズⅡ#71万

    さて、目的のシーリーズⅠより新しい年代のⅡが3本。
    シリーズⅡは製作が前期・後期では名前が同じでも全く別物らしいのです。
    この楽器は後期のモデルですね。
    とにかくよく鳴る。抵抗感は適度にあるし、新品同然の状態の良さ。美品。しかし軽い音だ。先程のヤナギサワに似た感じ。高音の伸びはこちらが上か?オールマイティな音です。でも私の好みじゃない、ボツ。

    Selmer BA-80 series Ⅱ #489***

    シリーズⅡ#489

    ネックが彫刻入りのゴールドプレート。
    シリーズⅡの前期モデルらしい。2,3の音出しでこのモデルの個性がわかりました。とにかくダーク!抵抗感もあってやや野太い感じです。いいじゃない!先程の後期のものとは別物ですわ。ジャズ向きじゃないですか、これ。
    シリーズⅡの前期モデルでダークな音色、シリーズⅠに近いと言われますし、この時期を探す人も多いらしいのです。ジャズの皆さん、同じかな?

    Selmer BA-80 series Ⅱ #44****

    これも前期モデル。しかし、音が籠っている感じで響きがどうもね?吹き方が悪いのかな?

    初日は『セルマー・スーパーアクション-80』に触れてみた、って感じでしたね。さすが私のボロ・アルトとは違いました。価格はある程度、音に反映するんですね、当然かな?
    さて、目的の「シリーズⅠ」は東京から取り寄せて頂けるとの事で、1週後のお約束となりました。


    1週後、

    なんと、師匠の内桶好之先生が付き添って下さいました。先生も新しい楽器屋さんに興味を持たれたのかも知れません。いずれにしてもこんな心強い助っ人はいません。自信持って選定出来そうです。
    訪れてみると、5本が横たわっておりました。何か、まな板のコイ然としていて「さあ来い」って言ってるような。

    早速、先生にお願いしたところ、先入観を持つとダメなので私からという事になりました。

    まずは、前回試奏して高評価であった
    Selmer BA-80 series Ⅱ #489***

    ん?今日は軽いぞ?リードを店でお借りしたからか?
    しかし、良く鳴ります。どちらかと言えば後期モデルのような鳴り。今日は印象が悪いですわ。

    2本目、
    Selmer BA-80 series Ⅰ #367***

    シリーズⅠ#36万

    適度にダークで太く暖かいサウンド。
    さすが「シリーズⅠ」です。こんな音だったんだ、好きな音色です。ただ少し音が籠ったような響き。
    「シリーズ Ⅰ」は4年間しか製作されず、しかもそれぞれが手作りとの事。バラツキが大きいらしい。これはハズレ?ただしオリジナルラッカーはほとんど残っており、大きなダメージもなく管体、タンポとも良好な状態でした。

    3本目、
    Selmer BA-80 series Ⅰ #371***

    シリーズⅠ#37万

    ラッカーは綺麗に残っており、管体にダメージもなく、とても綺麗な「シリーズⅠ」です。音は・・・いい!気に入りました。今までの中で音の立ち上がり、ダークさ、響き、中音のDの抜け、最もグッと来ましたね。シリアル番号から最後当たりのモデルかもしれません。う~ん、これかな?

    4本目、
    H.Selmer Mark Ⅶ #283***

    Mark 7

    フランス・セルマーのマーク7。ヴィンテージクラスですね。私がテナーでマーク7を吹いているとの情報からこちらも用意してくれてました。とにかくよく鳴ります。
    オリジナルラッカーも多く残存している。ただ音色は嫌いでしたので2度は吹かずでした。

    さあ、最後は御大、
    H.Selmer Mark Ⅵ #188***

    Mark 6

    フランス・セルマーのマーク6。アメリカ・セルマーでないのは残念ですが、ⅥはⅥなのでした!ラッカーの剥離は多かったですが年季の入った顔立ちはいかにもヴィンテージ。好きだなあ、この姿。
    そして一息入れると、もう、言葉になりやせん。芯のあるダークな音が適度な抵抗を持って心地よく出てくる。これだけでジャズになりますわ。流石だ!これがいい!

    結局、1本目のシリーズⅡ、3本目のシリーズⅠそして最後のマークⅥの3本に絞り、先生の試奏待ちです。

    結果は嬉しい事に私と同じ評価でした。どちらかと言えば高価格とはいえコストパーフォーマンスが優れているマークⅥにお気持ちがあったのではないでしょうか。それほど、他からは断トツのピカイチだったんですね。

    しかし、問題は価格、予算であります。

    諦めるしかありません。決めました、これです。

     Selmer BA-80 series Ⅰ #371***
    シリーズⅠ#37万 

    1.jpg 

    2.jpg 

    3.jpg 

    4.jpg 

    5.jpg 

    6.jpg 


    ラッカーは綺麗に残っておりますし、管体にダメージもなく、とても綺麗なシリーズ1でしょ。
    如何でしょうか、美しい精密機械ですよ、これは全く。

    少し高い買い物だったかな?いやいや、このぐらいの方が再びサックスに性根が入ります。
    早速バンドの練習で吹いてみました。いや―中音から低音がいいですねえ。ただ高音は出にくい!馴らしていきますかね。

    では、そのうちアルトでお逢いしましょう!




    スポンサーサイト

    テーマ : 楽器
    ジャンル : 音楽

    tag : セルマー selmer BA ヴィンテージ

    名曲はいいね~♪其の14  『These Foolish Things』  『What Is This Thing Called Love』

    今夜は久しぶりのスタンダード曲です、ほんと久しぶりです。
    ずっとライブなんかで忙しかったから。他にも公私、いろいろと。

    ジャズのスタンダード曲というとクラッシック程ではないのですが、
    その作曲は古く、大方は1920~1950年代です。ヒットした当時の演奏は録音状態が悪く聴きづらいかも知れません。しかし、そこにある音楽性・スピリッツは今でも通用するものばかりなんです。今夜はそういう曲を2曲お届けしましょう。

    まず、最初は

    『These Foolish Things』 1935年

    イギリス製。BBC放送の番組用に書かれた曲で、翌年ロンドンで上演されたミュージカルで歌われました。そしてアメリカへ渡り、ビーリー・ホリディが歌うテディ・ウィルソン楽団のレコードがヒットしたのです。

    本曲は絵に描いたような失恋バラードでして、メロディは美しいが起伏の少ない大人しい曲なのです。
    「口紅の付いた煙草の吸い殻、飛行機のチケット・・・・こんなつまらない物が別れたあなたを想い出させる」という泣きも喚きもしない、これまた淡々とした歌詞とよく合ってジーンとくるものがあるんです。
    しかし、このヒットしたアルバムではテディ・ウィルソンのピアノが楽しくジャンプさせています。サラッとしていて却って楽しげですよ。


    さぁて、次は大御所に登場して頂きましょう。

    ところで先日の10周年記念ライブも無事終了し、評判もそこそこありましたし、少しやりきった感がありましてね。そこで気分も新たに楽器を持ち替えることにしたんですよ。

    「ん? 何に?」

    「それはね、テナーサックスからアルトサックスに。パートもボントロからペットへ」

    ボントロはトロンボーン、ペットはトランペットの意味ですよ。うちのバンドはオールサックスだからこんな芸当ができるのです。

    で、サックス始めた頃のアルトはまだ持っていますが、この際少しイイ奴を探しているんですね。「セルマーのスーパーアクション・シリーズ1」っていうチョイ・ヴィンテージですわ。まだ手に入れてませんがね。

    っと、話を戻しますが、このアルトサックスの巨匠、モダンジャズの先駆け、チャーリー・パーカーの演奏をお聴きたいだきます。前触れが長くてすみません(汗)

    『 What Is This Thing Called Love(恋とはなんでしょう)』 1929年

    コール・ポーターの作で、1950年9月16日の録音。録音状態は先程より少しましですね。」アルバム「チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス」から。ストリングスとの競演盤には当時ファンの間でも賛否両論がありましたが、逆にこの種のセッションではさらに卓越したインプロヴィゼーションが聴かれるのは興味深くて面白いんですね。

    そうだ、まだ曲の説明をしていませんね。

    「恋とはいったいどんな物なのかしら、このミステリーを解き明かしてくれるのは誰かしら」という内容。コード進行も面白くて多くのミュージシャンに取り上げられ、テンポも自由に演奏されています。テーマを数小節吹いただけで聴衆から拍手を浴びるパーカーのアルトはアドリブで本領を発揮するんですね。凄い!
    パーカーの場合、スタンダード曲はいつのまにかオリジナルに変身するようですわ。

    では、また。



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    参考図書
    「ジャズの歴史物語」油井正一著(スイング・ジャーナル社 1972)
    「ジャズランド ’76 8月特大号」(海潮社 1976)
    「名演!Jazz Standards」FM東京セレクト・ジャズ・ワークショップ制作グループ&日本たばこ産業株式会社アド企画室編集(講談社 1989)
    「ジャズ批評 No.108 特集スタンダード・ナンバー」(ジャズ批評社 2001)

    テーマ : JAZZ
    ジャンル : 音楽

    記念ライブ、こんな曲も


    やっと、1曲編集しました。長屋ほーんず』初期の代表曲でした。相変わらず下手ですが・・・雰囲気だけはベイシーのつもりでして・・・


    カウント・ベイシー楽団の後期、名アレンジャー・作曲家サミー・ネスティコの超定番曲ですね。これを演奏しないバンドはないぐらい有名ですわ。聴く方も演奏する方もグイグイ乗っていける曲です。

    この他は、音源だけはあるのですがどうしましょうか。サイズが大きすぎてこのままではブログに貼れないしね。YouTubeに静止画を貼って音源乗っけるかな?また、暇な時やってみますね。

    テーマ : JAZZ
    ジャンル : 音楽

    記念ライブ、大盛り上がりでした~

    先日の日曜日、盛会のうちに終わりましたよ、結成10周年記念ライブ!
    お客さんは過去最高で226人もの方においで頂きました。嬉しい限りですね。

    『長屋ほーんず』、サックスだけのビッグバンド、珍しいでしょ。
    パンチ力はありませんが、その分柔らかい音色が特色なんです。老若男女が集う和気あいあいでアットホームな雰囲気は音にも出ているじゃないかな。

    記念ライブの演奏曲は

    program.jpg 


    この16曲に加え、有難いことにアンコール2曲。なんと怒涛の18曲です。
    さすがに演者はきつかったー(汗)
    もっともお客さんに言わせると「全く飽きなかったよ」とのお言葉。

    朝11時に集合、舞台設定。その後入念なリハーサル。
    このリハーサルが大事なんですね。PAで音のバランスをとるのですけどこれがなかなか決まらない。とくにビッグバンドですからね、数が多いんです。大変でした。
    そこうして、開演の3時半まで待機ですが、客入りが気になるところ。舞台袖でチラ見なんてね(苦笑)

    リハ中に私服で音を出しておりますよ♪

    R0010164_convert_20111116214449.jpg 


    さあ本番。
    この記念ライブで初めてユニフォームを揃えたんですよ。
    如何でしょう? すこし蝶ネクタイがね、面白くないかなあ?

    RIMG0471_convert_20111116213842.jpg 


    客も乗って来ましたよ。舞台からは客席が眩しくて良く見えないのですわ。
    RIMG0465_convert_20111116213912.jpg 


    さあ、いよいよ大盛り上がりの最後、アンコール2曲目はこの日のための曲です。

    我ら『長屋ほーんず』のバンドテーマ曲!

    師匠の内桶好之プロが作曲して下さったんですね。もう、嬉しくて嬉しくて!
    まあ、聴いてやって下さいな。



    長いようであっという間の10年間、
    「愉しみながら上手くなろう」をモットーにメンバーは頑張って来ましたが、やはり継続は力なり。なんとか聴けるまでにはなったのではないかなあ、と自惚れ(^_-)-☆

    さて、20周年に向けて頑張らなくては・・・と考えてみるに・・・はたして体力があるかどうか・・・

    テーマ : JAZZ
    ジャンル : 音楽

    tag : 長屋ほーんず ビッグバンド ライブ

    いよいよです、10周年記念ライブ!

    昨夜、バンドの全体練習をやってきました。

    いよいよなんですね、ライブが。あと1週間しかありません。
    1年かけて練習して来た成果をご披露するのです。曲数は16曲、さらにアンコール用に2曲ほど。

    IMG_1378_convert_20111106095403.jpg 

    今年の難曲は『THE CHICKEN』
    こんな曲です。

    この曲、途中のソリ(数人が全く同じメロディを吹くソロ)が滅茶苦茶難しいのです。どうなりますか?


    ところで、焦って、焦っております。どうしてか?

    ドラムスの方が急遽、出演取りやめ。東北の震災と南紀の台風災害でお仕事柄、出ずっぱりなんですね。
    私等の下手な演奏に合わせてくれた心優しいドラマーがいない!
    こりゃ、大変!

    トラでお願いした方は、セミプロのドラマー。まだ、数曲をそれも1回しか合わせていません(涙)

    結局、ライブ前日に合わせるだけになってしもたっ!

    ビッグバンドは決め事が多いさかいなあ~

    不安、不安、不安・・・

    お客さん、当日は温かい目で応援して下さいませね m(__)m




    テーマ : JAZZ
    ジャンル : 音楽

    月齢
    目次

    openclose

    プロフィール

    香川秀夫

    Author:香川秀夫
    【年齢】 ウーン、若いつもり・・・
    【性別】 男
    【誕生日】 桜咲く頃
    【趣味・興味】
    テナーサックスを少々、最近はアルトも。
     『長屋ほーんず』に所属
      (サックスだけのビッグバンド)
    音楽(ジャズ・スウィング系)
    古代史(とくに古事記以前)
    読書・映画鑑賞(アクション・SF)
    写真(風景、神社etc)
    天文・ウォーキング
    【嗜好品】
    酒(バーボン・芋焼酎)・珈琲
    パイプスモーキング、
      しかし今や禁煙歴6年
    【Twitter】
    一般日常: @munapipe
    動物関連: @munavet
    古代関連: @munauetufumi

    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    最近のコメント
    データ取得中...
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    リンク
    カウンター
    通知
    track feed リンク通知(トラックフィード)
    私の本棚
    TripAdvisor(旅の口コミ&ランキング)
    お勧めブログに掲載されました(右下)
    山口 旅行情報
    山口 旅行情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。