スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【ジャック】今日の1枚 『腹、減ったー!』


    今回はジャックの動画ですよ。

    病院猫のジャックは厳しくコンディション管理をされています。
    運動量が少ないので仕方ないでしょうね。

    もちろん、飼い主の私、自分を棚には上げてはいるんですがね(苦笑)

    さあ、こんな毎朝ですよ、どうぞ。



    まだ9歳ですが、18歳までは元気でいてもらわなくては。

    その昔、体重管理のため、猫に野菜を食べさせる試験をやってました、ジャックに。
    肉食動物の猫、そのままのキャベツなどは食べないので微塵切りにし、味付けでカツオ節を振りかけてました。

    すると見事、尿石症になってしまった!

    それ以来、無謀な事は止め、再発防止の努力をしているところです。反省。



    スポンサーサイト

    テーマ : 愛猫との日々
    ジャンル : ペット

    【ジャック】今日の1枚 『こんにちわ。どうされましたか?』

    今日は受付しておりますよ。たまにはここも落ち着くしね。

    IMG_0505_convert_20120307203922.jpg 
    『あれ?誰かきたようじゃ。患者さんかな?』


    IMG_0506_convert_20120307204005.jpg
    『こんにちは。どうされました?私がお聞きしましょうか?』


    IMG_0507_convert_20120307204048.jpg
    『先生、私じゃ駄目だって!』


    そりゃ、あんた、話し相手にはならんて。

    「可愛いね、ジャック」がお似合いの言葉じゃろう。

    テーマ : 愛猫との日々
    ジャンル : ペット

    【ジャック】今日の1枚 『おっと、なんやろ?ワクワク(@_@)』

    IMG_0467_convert_20120221094037.jpg

    ジャックは右利きなのです。

    遊んでもらっているんですが、スタッフは小休止。

    次の動きに対応しようと、体は臨戦状態のようですね(苦笑)

    さあて、ボールが飛んで来るのか、はたまた紐で釣られるのか、

    私があまり遊んであげないものだから、スタッフには必死ですわ。

    テーマ : 愛猫との日々
    ジャンル : ペット

    獣医師の過誤か?

    先日、ヨークシャテリア(11歳・♂)のミッキーちゃんが転院してきました。なにやら他の病院で治療ミスがあったと事。

    詳細をお伺いしてみると、こうです。

    掛かり付けの動物病院で尿道結石の治療中、ペニスの先から入れた管を引き抜く際にそれが切れたらしい。
    全長40cmぐらいの尿道カテーテルの先端部が切れて尿道内に残ったとの事。
    その病院の獣医師はとりあえずの応急処置としてペニス先端から生理食塩水を注入して尿道に残ったカテーテルを膀胱内に送り込んだのです。尿の排出を止めないための緊急処置をされたのでしょう。

    この状況で飼い主さんは私のところへ来られたのです。

    ミッキーちゃんの症状は食欲・元気は全く無く、嘔吐もあってさらに茶色の尿が出ていました。不妊手術をしていないのでりっぱな精巣が残っているのですが、それがパンパンに腫れている。
    常法どうり、レントゲン、エコー、血液の各検査。

    確認できました。レントゲン写真です。
    目的物を確認するためやや露出をオーバーにしています。

    bIMG_0462_convert_20120216220631.jpg


    ペニス内の陰茎骨の下に1個、尾部側に数個の結石がありますでしょ。
    そして、膀胱内には・・・ありますね、確かに。
    膀胱内を一周以上のループになったカテーテルがはっきり写っています。

    はて、カテーテルは膀胱内に全部収まっているのか?
    ペニス内の結石は動かないのか?動くならばどうすれば取り除けるのか?
    陰嚢の腫れは如何に処置するべきか?

    通常ならば
    1.カテーテルを回収するため開腹し膀胱切開。
    2.ペニス内の結石摘出のための尿道切開。
    3.腫れた陰嚢は陰嚢切除・精巣摘出。
    となります。

    しかし、検査の結果、肝腎機能は正常であるものの、ミッキーちゃんは心不全から心肥大を併発しているのでした。
    飼い主さんと相談の結果、まずは彼の負担を軽減するため尿道切開は行わず、可能であれば結石を事前に膀胱内に推送するか、体外に引っ張り出してくるか試してみる事にしたのです。ただ、膀胱内には確認はしたものの、カテーテルが尿道内にどれだけ残っているのかは不明なのでやってみなけりゃ判らない状況だと。

    さて、2日後のオペ。
    結局、1.2.3.の全てを実施しました。

    始めは2.を回避するために結石の移動を目論んだのです。しかし推送用のカテーテルを挿入していくと、結石と尿道壁の間で引っかかり閊えて前後、全く動かなくなってしまったのです。
    ここでハハ~ンと納得。あの獣医師はこの場面で仕方なく引っこ抜いたのでしょう。それで切れた!
    私の場合も同様です。もうこれは切開しかないのでした。

    膀胱からは10cmほどの切れたカテーテルを回収しました。きっちり膀胱内にだけありまして尿の排出の邪魔にはなっていなかったように思います。もっとも、異物なので強烈な膀胱炎は起こしていたのは言ううまでもありません。なお幸いにも膀胱内に結石は無かったのでした。

    尿道切開では直径数mmイガイガの結石を摘出。
    この数mmが曲者!
    尿道結石は普通、陰茎骨にまで流出して来ない。陰茎骨内の尿道は小さいから、大きな結石はその手前で止まるんです。しかし、数mmの結石は陰茎骨内まで侵入した。そして無理に挿入されたカテーテルは陰茎骨とイガイガ結石、尿道壁に挟まれ千切れたのです。

    初めて尿道結石を確認した獣医師は、すぐに切開摘出は考えないでしょう。膀胱内に戻すことを試みるはずです。
    しかし、それが強引過ぎるとこんな事故が起きるのです。まあ、獣医から言うと残念な事ですわ。やってみなけりゃ判らないのですからね。ただ、強引に行くかどうかの判断は其々の獣医師の判断でしょう。

    大事なのは飼い主さんに対してのインフォームドコンセントでしょうね。つっかえた時に強引に処置した時のリスクを伝えておかなけりゃならんでしょう。嫌なら切開ですし、そのリスクも理解していただなくては。

    ミッキーちゃんは心不全のリスクも回避出来、無事手術終了!良かったですね。
    IMG_0457_convert_20120216175822.jpg 

    まだ麻酔が少し残っている状態ですが大丈夫でしょう。
    あとは予後の管理次第ですね。

    回収したカテーテルを決意のこもった声で要求されたのは勿論です。断る理由もありませんから飼い主さんにはお渡ししました。

    いろいろ考えさせる一件でした。明日は我が身かも知れません(汗)

    テーマ : ペットの健康・病気・怪我
    ジャンル : ペット

    【ジャック】今日の1枚 『な~に?』

    IMG_0433_convert_20120211214904.jpg 

    猫はどういうものか、手が可愛いのです。リラックス状態がよく判るんですね。

    今日のジャックはベッドの中でリラックス、しかし何かを期待する眼。

    おそらくオヤツでしょう。まだ「待ってね(^_-)-☆」


    本日の飼い主さんとの話、

    「両目が潰れた猫がいて、義眼を入れたいのやが、いくらかかります?」

    「うちの病院ではやってませんが・・・しかし辛いね」


    ジャックは片目ですがハンディを感じさせない動作でね、まだ救われてます。



    テーマ : 愛猫との日々
    ジャンル : ペット

    月齢
    目次

    openclose

    プロフィール

    香川秀夫

    Author:香川秀夫
    【年齢】 ウーン、若いつもり・・・
    【性別】 男
    【誕生日】 桜咲く頃
    【趣味・興味】
    テナーサックスを少々、最近はアルトも。
     『長屋ほーんず』に所属
      (サックスだけのビッグバンド)
    音楽(ジャズ・スウィング系)
    古代史(とくに古事記以前)
    読書・映画鑑賞(アクション・SF)
    写真(風景、神社etc)
    天文・ウォーキング
    【嗜好品】
    酒(バーボン・芋焼酎)・珈琲
    パイプスモーキング、
      しかし今や禁煙歴6年
    【Twitter】
    一般日常: @munapipe
    動物関連: @munavet
    古代関連: @munauetufumi

    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    最近のコメント
    データ取得中...
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    リンク
    カウンター
    通知
    track feed リンク通知(トラックフィード)
    私の本棚
    TripAdvisor(旅の口コミ&ランキング)
    お勧めブログに掲載されました(右下)
    山口 旅行情報
    山口 旅行情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。