スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【ジャック】今日の1枚 『腹、減ったー!』


    今回はジャックの動画ですよ。

    病院猫のジャックは厳しくコンディション管理をされています。
    運動量が少ないので仕方ないでしょうね。

    もちろん、飼い主の私、自分を棚には上げてはいるんですがね(苦笑)

    さあ、こんな毎朝ですよ、どうぞ。



    まだ9歳ですが、18歳までは元気でいてもらわなくては。

    その昔、体重管理のため、猫に野菜を食べさせる試験をやってました、ジャックに。
    肉食動物の猫、そのままのキャベツなどは食べないので微塵切りにし、味付けでカツオ節を振りかけてました。

    すると見事、尿石症になってしまった!

    それ以来、無謀な事は止め、再発防止の努力をしているところです。反省。



    スポンサーサイト

    テーマ : 愛猫との日々
    ジャンル : ペット

    放射線は正しく怖がりましょう!

     昨日は大災害からちょうど1年でした。涙を新たにしたところでして、1分間の黙祷も込み上げてくるものがあります。
     良くも悪くも走りながらの復旧・復興の模索でした。政府の対応には忸怩たる思いがあるものの、私たち日本国民はともに手を取り合いながら頑張っていかねばなりません。

    ところが、復興どころか復旧が全く進んでいないのが現状。それは地震や津波で発生した災害廃棄物、いわゆる震災がれきが山のように積まれて、大きな問題となっています。ほとんど処理が停滞しているのです。 これは昨日のマスコミでも散々 放送されておりました。


    がれき4 

    がれき1 

    がれき2 

    がれき5 



    しかし、これが一向に進まない!
    これは福島県にある原発事故の所為なのです。放射性物質の拡散が受け入れる側住民の不安をもたらし反対しているからなんですね。

    反対住民の人数は多くはありません。しかし、かつて公害や薬害で政府が責任を追及された経緯もあり、各自治体は「触らぬ神に崇り無し」を決め込み及び腰なんです。情けない。

    さて、反対住民の理由は何なんでしょうか?

    放射能の拡散防止
    政府への不信感

    大きくはこの二つかな?

    政府への不信感は仕方がないでしょ。国もいろいろ隠していましたからね。
    でも、今の民主党政府に腹黒い計略が出来る人物はおりませんよ、残念ながら。
    だから、ここは、目をつぶって政府の言い分を聞いて差し上げましょう。
    反対派の中には政治的な目的をもって行動する輩がいるし、一般住民は、騙されてはなりません。東北のためこの際、政府を信用することが肝要だと。

    問題は、放射能の拡散です。

    『放射能』
    この言葉は日本人にはアレルギーを引き起こさせる言葉ですね。なにか冷静さを失わせるというか・・・

    日頃、数字に縁がない一般の方にとってはシーベルト、ベクレル、ミリ、マイクロなど難しい単語に面喰らい専門家の説明を鵜呑みするだけです。専門家も右から左まで多士済々。いわば、信じたい事を理屈にしてくれる先生の言葉だけを心の拠り所にしてしまうのではないでしょうかな。

    しかし、ここで御紹介したい一冊の本。いわゆる一般向けのガイド本なんですが。

    基礎から学ぶ緊急被爆ガイド(図説 放射線学入門)』岡崎龍史著 医療科学社発行

    放射能 


    このガイド本、目から鱗ですよ、きっと。放射線関係書の中で判り易さはピカイチではないでしょうか。今まで思い込んでいた知識が如何にあやふやで間違っていたかを理解できます。

    ちなみに、内容は1月に発刊したばかりなので掲載データは比較的新しいかと思います。たとえば、福島県各市の1年間積算放射線量なんてのもあるのですよ。

    面白いのは、

     6000ベクレル(Bq)の放射能が通常でも人体に存在するとか、
     バナナ1本(20~30Bq)を食べると、約0.1μSv被曝するとか、
     1,000mSv(1Sv)を被曝して死に至るガンが発生する率は、運転中に携帯メールを打って事故に遭う危険度と同じ程度のリスクだとか、

    当初話題になった年間100mSvが医学的な基準になっていた理由がはっきり述べられています。さらに、それ以下では健康を害する要因が多すぎて、被曝の影響を特定できないという事も述べられています。
    しかし、緊急時被曝では20mSv/年に、一般人の被曝の基準を1mSv/年以下に設定された事は十分、安全な基準だとしています。もっともなお話しだと大いに納得するんですね。


    さて、私が反対する人達に申し上げたいことは二つ。

     放射線測定器の問題です。年間1mSvという基準は0.114μSv/hと計算されますよね。これが問題!私が扱う血清生化学検査機器では常に測定値の校正または補正をやっております。数字が狂ってては病気の診断に役立たないのです。マイクロ単位の微量測定器では相当誤差があると思いますよ。聞けば、低価格のガイガーカウンターでは校正がやられてないとか。自然科学の数字を扱う者からすれば考えられない事ですわ。
    相当の誤差を含んだ誤ったデータで判断する、これは到底議論にはなりません。ですから、0.1μSvはセーフで0.2μSvはアウトだとはならないと思うのです。誤差や機器の能力を考えれば、白か黒かとはならないと考えます。

     次に仮にデータが信頼できたとしても人によってその感受性には大きな差があるという事です。私がよく経験することがあります。それは薬物への反応が一匹ずつ全く違う。1年間に不妊手術を120匹以上はやるんですが、それぞれ麻酔の効き方が違うのです。この手術は健康な犬猫にやりますからだからそんなに違っては困るんですよ。しかし、麻酔薬を注射してからの効き方、術中の反応、覚醒、何一つ同じ反応はありません。麻酔をかける時はいつも緊張します。このように、生体の反応は判で押したようにはいかない。だから基準値は100mSvで大丈夫、しかし、人によってあるいは年齢差によっては感受性が強すぎる人もあるから1mSvに落とした、これ十分に根拠があるのではないでしょうか。


    どうでしょうか。1mSv/年の基準、そして今回は政府を信じる、これでやりませんか。


    さて、我が大阪府の対応です。
    松井知事が岩手県に出向き、震災がれきを自らの手で測定して来られました。
    0.04~0.06μSv(=0.00004~0.00006mSv)全く問題なし!
    2年間で18万tを処理する意向とのこと。すばらしい!よくぞ決断された!
    しかし、反対派から25,000件の署名と電話があるらしい。本当に安全かどうか証明してほしいといっています。
    そこで、国と大阪府の受け入れ基準を表にしますと


    各工程での放射能濃度と線量国の基準    大阪府の基準 
    現地瓦礫の放射性セシウム濃度(ベクレル/kg)240~480以下100以下
    焼却灰の放射性セシウム濃度(ベクレル/kg)8,000以下2,000以下
    埋却地でのセシウム放射線量(ミリ・シーベルト/年)0.01以下0.0014以下


    まず、自然から受ける放射線量は

      世界平均 一人当たり 2.40 mSv/年
      日本平均   〃   1.48   〃 

    この結果から、わが国ではこれ以外から受ける放射線量を 1mSv/年としたのです。
    この量は合計が世界の自然から受ける放射線量とほぼ同じですね。如何に低い値なのかわかりますか。

    大阪は国の基準よりさらに厳しいのですからね、岩手県の震災がれきを受け入れようじゃありませんか。

    最後に前出のガイド本からの言葉です。

    『放射線は正しく怖がりましょう!』

    『放射線をむやみに怖がり不安を抱き続けるのではなく、「どのくらいの線量ならば危険なのか」という正しい知識を持って怖がることが大切です。』

     
      身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ



    テーマ : 考えさせられる本
    ジャンル : 本・雑誌

    【ジャック】今日の1枚 『こんにちわ。どうされましたか?』

    今日は受付しておりますよ。たまにはここも落ち着くしね。

    IMG_0505_convert_20120307203922.jpg 
    『あれ?誰かきたようじゃ。患者さんかな?』


    IMG_0506_convert_20120307204005.jpg
    『こんにちは。どうされました?私がお聞きしましょうか?』


    IMG_0507_convert_20120307204048.jpg
    『先生、私じゃ駄目だって!』


    そりゃ、あんた、話し相手にはならんて。

    「可愛いね、ジャック」がお似合いの言葉じゃろう。

    テーマ : 愛猫との日々
    ジャンル : ペット

    阿波国一宮 『大麻比古神社』に詣ってきました。

    徳島県は徳島市の郊外にある板野町、ここは妻の亡くなった両親が眠るところ。
    念願叶い、やっとその墓を大阪に移設することになり、供養するため行ってきました。
    そして時間に若干の余裕がありましたので、有名なこの神社にお参りできました。

    それはその隣町、鳴門市の山際にあるのが『大麻比古神社(おおあさひこ)』です。
    一宮(いちのみや)とは、その地域の中で最も社格の高いとされる神社のことなんですね。

    大阪から車で明石大橋を渡り、走る事2時間半の距離。
    赤い大鳥居が見えた頃、頭を左に降れば山際に風景にはそぐわない建物が・・・
    resize0088.jpg 

     あとで調べるとドイツ館ということらしい。
    第一次大戦時板東俘虜収容所に収容されていたドイツ兵士約一千人と地元の人たちの交流を記念して建てられた建築物。このドイツ兵は第一次大戦時、中国青島で俘虜になった約5千人のうちの約1千人です。1917年4月から約2年10ヶ月をこの地で過ごしました。
     松江豊寿所長の人道的管理は、戦時下の日本の人を人として尊重する心を表しているという事で、この板東俘虜収容所は『バルトの楽園』(2006年上映)で映画化されました。さらに、年末の国民的イベントの合唱曲、ベートーヴェン「第九」交響曲は1918年6月1日、ここ板東において日本で始めて全楽章演奏されたとの事でした。

    さて、『大麻比古神社』です。
    resize0090.jpg 



    なんと川岸にニホンザルがうろついていました。
    カメラを向けると少し緊張したような恐がっているような動作。なるほど、野生のサル。境内でもうろついておりましたな。
    resize0094.jpgresize0091.jpg




    resize0096.jpg 
    拝殿

    resize0095.jpg 
    祭神:大麻比古大神 猿田彦大神
    社格など:式内社(名神大社)、国幣中社
    由緒:神武天皇の御代、天太玉命の御孫である天富命に勅命を奉じて肥沃の土地を求め阿波国に至りまして、麻楮の種を播殖し、麻布木綿を製して殖産興業の基を開き国利民福を進め給ひ、その守護神として、太祖天太玉命をこの地に斎き祀る。猿田彦大神は、昔、大麻山の峯に鎮まり坐しが後世に至り本社に合わせ祀ると伝えられる。

    resize0097.jpg 
    境内にある大楠の木

    resize0092.jpgresize0093.jpg
    寄進された狛犬像。よく見ると、足元でタバコの煙をモクモクと吹く人間の姿が。これは麻の神社から考えれば大麻(麻薬のタイマ)かも知れない。

    resize0098.jpg 
    帰り際に遭遇した新車への交通安全の祈祷。地元の方々に敬愛を受けている神社である事が窺われます。


    さて、この大麻神社の祭神は二人の名前が挙がっていますが、実は、いろいろな説があります。

     大麻比古神こと天太玉命は『古事記』では布刀玉命のこと。天照大神が天の石屋戸に隠れた祭の神事で、中臣氏の祖である天児屋命(あめのこやねのみこと)や天宇受売命(あめのうずめのみこと)、天手力男命(あめのてじからおのみこと)などと共に活躍した神です。そして忌部(いんべ)の祖神でもあります。
     一方、猿田彦命は天孫降臨の際、邇邇芸命(ににぎのみこと)を出迎え道案内した国つ神。この時天つ神の天宇受売命と出会い結婚した。鎮魂の儀に楽舞を奉仕するなど宮廷の祭祀に仕えた神なのです。また天照大神を伊勢まで引導したとする伝承もあるのです。

     阿波では忌部氏は歴史上重要な集団でして、この祖神が大麻神社におられるとなると、大変重要な神社となるわけです。由緒でもこちらの神を中心に据えているようです。しかし、他説では猿田彦命が最初からの祭神であったのに、忌部の神を後に勧請し大麻宮とした、つまり、祭神を猿田彦命としながらその神の本姓をすり替えたのではないかと。
    時の権力者?があくまで忌部の祖としたいらしい。

    こうなると、神社の看板にある由緒の信頼性はいったいどうなの!って考えてしまうのですね。話は飛躍してしまいますが、今ある全国の立派な神社、たとえば〇〇大社といった神社の素性も本当はどうなんですかね?


    テーマ : 神社仏閣
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    【ジャック】今日の1枚 『おっと、なんやろ?ワクワク(@_@)』

    IMG_0467_convert_20120221094037.jpg

    ジャックは右利きなのです。

    遊んでもらっているんですが、スタッフは小休止。

    次の動きに対応しようと、体は臨戦状態のようですね(苦笑)

    さあて、ボールが飛んで来るのか、はたまた紐で釣られるのか、

    私があまり遊んであげないものだから、スタッフには必死ですわ。

    テーマ : 愛猫との日々
    ジャンル : ペット

    月齢
    目次

    openclose

    プロフィール

    香川秀夫

    Author:香川秀夫
    【年齢】 ウーン、若いつもり・・・
    【性別】 男
    【誕生日】 桜咲く頃
    【趣味・興味】
    テナーサックスを少々、最近はアルトも。
     『長屋ほーんず』に所属
      (サックスだけのビッグバンド)
    音楽(ジャズ・スウィング系)
    古代史(とくに古事記以前)
    読書・映画鑑賞(アクション・SF)
    写真(風景、神社etc)
    天文・ウォーキング
    【嗜好品】
    酒(バーボン・芋焼酎)・珈琲
    パイプスモーキング、
      しかし今や禁煙歴6年
    【Twitter】
    一般日常: @munapipe
    動物関連: @munavet
    古代関連: @munauetufumi

    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事
    最近のコメント
    データ取得中...
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    リンク
    カウンター
    通知
    track feed リンク通知(トラックフィード)
    私の本棚
    TripAdvisor(旅の口コミ&ランキング)
    お勧めブログに掲載されました(右下)
    山口 旅行情報
    山口 旅行情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。